[ JSAトップ ] [ オークション会場 ] [ 会員登録 ] [ 自動入札について ] [ お問合せ ]
自動ログインについて

ブラウザのパスワード自動保存機能(オートコンプリート機能やパスワードマネージャー機能)について

Internet Explorer 5.0以上のバージョンには、当サイトを利用するときに入力する会員IDとパスワードをブラウザに保存する「オートコンプリート」機能が提供されています。
これは便利な機能ですが、お使いのコンピュータを他のユーザーと共有されている場合、ブラウザに保存されたあなたの会員IDとパスワードで、他のユーザーがログインすることができてしまいます。
この問題を回避するために、共有しているコンピュータにおいてInternet Explorer 5.0以上のバージョンをご使用の場合は、このオートコンプリート機能を無効にすることをお勧めします。
また、Netscpae 6にもオートコンプリート機能と同様な「パスワードマネージャー」機能が提供されています。共有しているコンピュータにおいて、Netscape 6をご使用の場合は、パスワードマネージャー機能を無効にすることをお勧めします。

それぞれのブラウザで設定を無効にする方法は以下をご覧ください。

Inetnet Explorerで「オートコンプリート」機能を無効にする方法

「ツール」メニューから「インターネットオプション」を選択します。
「コンテンツ」タブをクリックして、「個人情報」の欄の「オートコンプリート」をクリックします。
「オートコンプリートの使用目的」の欄の「フォーム」および「フォームのユーザー名およびパスワード」のチェックをはずしてください。
「オートコンプリート履歴のクリア」欄の「フォームのクリア」ボタンをクリック、さらに「パスワードのクリア」ボタンもクリックしてください。
「OK」ボタンをクリック。
この作業を行った次のログイン時から会員IDとパスワードは自動的に表示されることはなくなります。

Netscape 6で「パスワードマネージャー」機能を無効にする方法

「編集」メニューから「設定」を選択します。
「詳細」の中にある「パスワード」をクリックします。
「パスワードマネージャー」欄の「ログインに必要なサイトのパスワードを保存」のチェックボックスのチェックをはずしてください。
「OK」ボタンをクリックして完了です。
この作業を行った次のログイン時から会員IDとパスワードは自動的に表示されることはなくなります。

Netscape 6で「パスワードマネージャー」に保存したID/パスワードを削除する方法


「編集」メニューから「設定」を選択します。
「詳細」の中にある「パスワード」をクリックします。
「パスワードマネージャー」欄の「保存したパスワードを表示」ボタンをクリックします。
「保存されたパスワード」タブを選択します。
表示されるリストの中から削除したいサイトを選択して「削除」ボタンをクリックします。
「OK」ボタンをクリックして完了です。
この作業を行うとブラウザに保存しているID/パスワードを削除することがてきます。





Copyright (C) 2001 JAPANESE SWORD AUCTION  All rights reserved.